住宅での防音や遮音

住宅での防音や遮音とは

住宅における防音や遮音を考える

住宅は立地条件によっては騒音が気になる場合があります。大通りに面したり幼稚園や小学校の隣地の場合は、車や子供たちの声というのは意外と気になります。そんな場合は防音を考えて施工する必要があります。住宅の音漏れの原因は窓などの開口部からが大きいので、二重サッシやサッシに遮音ガラスを入れると良いでしょう。また建築材料として遮音シートも販売されているので、外壁部分や1・2階の床や天井面に入れても効果があるようです。これらの措置でかなりの防音効果が出てきます。しかしあまり気にし過ぎる事で耳から騒音が離れないので、他に気を紛らせて生活する様に心がけましょう。

防音や遮音にこだわるなら

防音性にこだわるのなら鉄筋コンクリートで作られた住宅物件を選ぶといいでしょう。鉄筋コンクリートに似た鉄骨というものがありますが鉄骨の場合壁が薄い場合が多いです。また木製の場合は建物の周囲の音が入りやすく期待はできません。遮音性に関しても同様に鉄筋コンクリートの住宅が望ましいです。さらに防音サッシや2重構造の窓などはよりすぐれた遮音性を持ちます。また音はどんな隙間からも入ってきますのでなるべく隙間のない所やゴム製のパッキンを利用するなど工夫も必要です。あとは道路に面していないか工事をよくしている場所ではないかなど場所自体の情報収集も必要です。

↑PAGE TOP